20代で目の下のシワにお悩みの方!そのシワ解決しましょう。

目の下のシワと言ったら30代、40代…の年齢を重ねてきた大人たちの問題だと思っていませんか?

実はここ数年、20代の若者たちの中にも目の下のシワが出来てしまった…という方が増えてきています。まだまだ若いし!と油断してお肌のケアを怠っていたり、可愛くなるため…と肌に負担のかかるメイクをしていたり、普段の生活で知らぬ間に目の下のシワをつくってしまうような習慣があったり…20代でも目の下のシワなんて無縁!と放っておいたら後々後悔してしまうかもしれません…

スポンサーリンク

ここでは、そんな20代で目の下のシワが出来てしまう原因、出来ないように予防する方法、出来てしまって目の下のシワの改善法を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

20代なのに目の下のシワが…原因はなに?

まだ若い20代なのに目の下のシワが気になる…。もっと大人になってからの悩みだと思っていたのに出来てしまうとショックですよね…。

目の下のシワは見た目年齢をグッとあげてしまうやっかいなもの。そもそもなんで目の下にシワが出来てしまうのでしょうか?

目の下はお顔の中でももっともデリケートな部分なんです。皮膚がとても薄いのでトラブルが起きやすい部分でもあります。美しい肌はハリがあって潤っていることが大前提。

肌の潤いやハリを守ってくれるのが、女性が大好きコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった美容成分です。こういった体内成分は年齢を重ねるごとに減少していくんですが、20代でも急激に減少ししまう原因があります。

【20代で目の下のシワができる原因①UVケアはきちんとしてる?】
海にプールに野外フェス…冬はスノボ!野外でアクティブに過ごすのはとても健康的。若いうちにしか出来ないこともたくさんあるから、アクティブに行動するのはすごくいい事ですね。

ですが、気をつけなければいけないのが紫外線。昔に比べると地球の環境問題によって降り注ぐ紫外線の量は増えてきています。お肌の曲がり角は25歳と数年前まで言われていましたが今は19歳と言われる程、お肌に影響を与えているんです。

紫外線はコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンなどの体内美容成分を破壊する美容の大敵です。太陽をたくさん浴びてもケアせずにいると、いつのまにか20代とは思えないお肌になってしまうかもしれません…。

【20代で目の下のシワができる原因②お顔盛りすぎていない?】
若いからこそ似合う濃いメイクもありますし、逆に一見ナチュラルなんだけど実は…。

メイクで色々冒険したり、テクニックを身につけて肌に負担がかかるようなメイクをしていませんか?

可愛くなりたいという女子がほとんど付けているのがカラコンです。通販や激安ショップで買ったものをお顔を盛るためだけに付けているのはけっこう危険…。違和感を感じたり、目にあってない物を付けていると目に負担がかかってしまいます。そうすると無意識に必要以上の瞬きをしてしまったり、手でこすったり…デリケートな薄い目元には大変な不可がかかっていますよ。

アイプチやつけまつげ、まつエクだって皮膚を引っ張ったり異物が付いているので負担がかかっています。とても薄い目の下の皮膚なので少しでも違和感を感じるようなら自分には合っていない証拠です。コスメとも上手に付き合っていきましょう。

【20代で目の下のシワが出来てしまう原因③スマホに依存していない?】
20代…誰もが持っているスマートフォン。現代人には必要不可欠なアイテムですね。このスマートフォンすごく便利で暇つぶしにもなるし、1日に何時間も…下手したら何十時間も…画面と向き合ってしまっていませんか?

小さな画面をジーっと見る行為はとても目を酷使しています。目の動きや瞬きの回数が極端に減って、眼精疲労や目の周りの筋肉の衰え、血行不良と悪循環に陥ります。
スマートフォンだけでなく、PCやモバイルゲーム機も同じです。疲れを感じたら目を休ませてあげたり、なんとなーく無意識にSNSを開いている習慣を気づいたら意識的にやめてみたり…スマートフォンとも上手に付き合っていきましょう。

20代だけど目の下のシワの予防をしっかりしよう。

目の下のシワがすでに出来てしまっている人も、そうでない人も20代のうちからしっかりと予防していきましょう。きちんとやっていれば30代、40代になってから何もしていない人と差が出ます。未来の自分への投資ですね。

【20代からやりたい目の下のシワの予防①紫外線対策をすること】
目の下のシワの原因になってしまうと説明した紫外線。紫外線対策は顔だけでもすぐに始めていきたいことです。

少しの外出の際も日焼け止めを付けましょう。日焼け止めクリームが苦手な方はUVカット成分の入った日中用美容液や化粧下地、ファンデーションでももちろん大丈夫です。お肌に優しいUVカットや付け心地の良いライトなものまで沢山の種類が出ているので自分のお気に入りを探してメイクする前につける習慣をつけましょう。

【20代からやりたい目の下のシワ予防②徹底的な保湿をする事】
美肌に大切なハリと潤いは肌が乾燥していては手に入らないものです。乾燥知らずの美肌のために保湿を徹底していきます。肌にはもともと水分を保持する機能がそなわっており、肌が20〜30%の水分量を保っていれば健康的な肌状態です。健康的な肌はバリア機能も働いて外部刺激の影響を受けにくくなるのでいい循環へと働きます。

保湿には水分だけではなく油分も必要。皮脂が気になるからとゴシゴシ洗顔して必要以上に洗い流す事をついしてしまいすが、洗顔のしすぎは乾燥の元です。肌を強く擦るのはダメ。

優しく泡で洗って人肌程度の温度のお湯を手ですくって洗い流します。シャワーのお湯を直接顔にかけるのもデリケートな目元の皮膚に負担をかけてしまうのでやらないように気を付けてくださいね。

そして洗顔後や入浴後はすぐにスキンケアをしてください。洗顔後の肌は乾燥しやすい状態です。時間を空けずにスキンケアに入ってくださいね。

化粧水で肌に水分を与えたら油分で蓋をします。乳液、クリーム、オイル…などをしっかり馴染ませていきましょう。
基本的なスキンケアを毎日きちんとしていれば20代の肌は健やかに保てるはず!もしトラブルが絶えないようなら使ってる基礎化粧品、化粧品が合っていないのかもしれません。見直してみてくださいね。

スポンサーリンク

20代なのに出来てしまった目の下のシワ…。改善法は?

20代ですでに目の下のシワが出来てしまっている方はご紹介した予防法をしっかりとしてみてください。当たり前のことですがとても重要な事です。改善する為にプラスでやっていきたい事もあります。

【20代の目の下のシワ改善法①アイクリームでマッサージ】

目元専用の美容液やクリームは年齢が若い方は本来まだ必要無いんですが、目の下のシワが気になるなら導入してみましょう。
アイクリームは高価なものが多いイメージですが、ドラッグストアなどでも手に入る『フローフシのTHEアイクリーム』はプチプラで目の下のシワにもマストなアイテムです。

マッサージをしながら塗り込む事で目の凝りをほぐし、目の周りの血行促進をしていきます。ほぐれた目元に美容成分をたっぷりと与え、持続的に保湿をしてくれるという優秀なアイテム。マッサージする際は目頭から目の下を通りこめかみまでながしていきましょう。

デリケートな目元ですので優しく滑らせて行くのがポイントです。さらに目の疲れをとるツボ2箇所をプッシュして血行を促し、目の下のシワの改善へ繋げます。

フローフシTHEアイクリームの嬉しいところは一緒にまつげケアも出来てしまう事!目のたるみや、クマの改善も期待出来ます☆

ツボ①…晴明(せいめい)目頭のやや上にあるくぼみです。片手の人差し指と親指で挟むように押すと押しやすいです。目側ではなく鼻側へ力を加えます。
ツボ②…瞳子りょう(どうしりょう)目尻の約1センチほど外側のくぼみです。徐々に力を加えて3秒間キープしゆっくり離す。これを数回繰り返します。

【20代の目の下のシワ改善法②睡眠・食の質を高める】

20代で目の下のシワが気になってしまうのであれば、生活習慣の見直しもしてみましょう。眠っている間に美肌は作られると言いますが、睡眠時間はしっかりととれていますか?

もし4〜5時間しか寝ていない…という方がいればしっかり睡眠時間を作ることから始めてください。たくさん寝てるのにお肌が不調…という方は睡眠の質が良く無いのかもしれません。寝ても寝ても寝足りない!と感じる方も熟睡出来ていない可能性があります。

睡眠の質を高めるには、まずは「寝る環境を整えます」○寝心地のいい布団やマットレスを使う○自分に合った枕を使う○お気に入りのパジャマを着る○リラックス出来るアロマを炊く…など。心地よくリラックス出来る環境を作ることで睡眠意欲も高まり、安心して眠りにつけます。

物が散らかったベッドで寝たり、テレビや電気を付けっ放しで寝落ちしてしまったりはNG!朝起きた時も気持ちよくいられる環境で眠りましょう。

環境が整ったら「自分自身も眠りモードへ整えます」○寝る1時間前からスマホやPCは禁止する○湯船に浸かって身体を温める○安心して眠れるように、目覚ましをセットしたり明日の準備をする○ストレッチやヨガでリラックしながら身体をほぐす…。環境と自分自身も眠りモードに整えれば朝まで熟睡…目覚めもスッキリ起きられます。

普段から適度に運動をしたり、野菜をたくさんとり添加物を控えるなど体に良いことを心がけましょう。

20代で目の下のシワにお悩みの方は…当たり前のことなんですが、まずは基本的な生活習慣から見直してみてくださいね。まだまだ若いのでセルフケアで改善も可能です。

プロに頼って改善したい場合…こちらの記事もご覧ください。→目のたるみ、皮膚科で治療できるのか!