黒いクマを隠すコントロールカラーは?

鏡を見るたびに憂鬱になってしまう事はありませんか。メイクをしてもイマイチ決まらない…。最近ぐっと老けたような気がする…。疲れが取れてないような気がする…。そんなパッとしない症状の正体は目の下に出来てしまったクマかもしれません。

顔の中でも最も目に入りやすい場所、そして最もデリケートな場所が目の下の三角ゾーンです。そこが美しければパッと見た印象が若々しく、健康的で明るい印象になりますが、逆に寝不足や疲れ、乾燥や加齢などが現れやすい場所でもあります。

そんな三角ゾーンに出来てしまうクマには血行不良が原因の青いクマや色素沈着が原因の茶色いクマ…など様々な種類があります。そのなかでもメイクで隠すのがいちばん困難で改善するのも大変なクマが黒いクマです。そもそも黒いクマとは、たるみが原因となるクマ。

スポンサーリンク

たるみによって目の下の皮膚が窪んだり、膨らんだりして他の部分の皮膚との高低差が出来、それが影になって黒いクマとして現れるんです。年齢を重ねるごとに目の周りの筋肉が衰えてきたり、コラーゲンやヒアルロン酸の減少により皮膚のハリが失われ、肌が重力に逆らえなくなりたるみに繋がるんですが、遺伝や骨格による肉のつき方や、生活習慣により目の周りの筋肉が衰えてきている若者でも黒いクマは出来てしまうので注意が必要です。

では、すでに黒いクマが出来てしまってお困りの方…コンシーラーでクマを隠せなくてもしかして…とお思いの方。ここではそんな黒いクマを消すためのコントロールカラーについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

肌のトラブルは隠すのでは無く、コントロールカラーで消す!

出来てしまった目の下のクマ。クマを隠すには様々なアイテムを重ねるよりも、色を使って隠すのが効果的だとご存知ですか。プロのメイクアップアーティストもコンシーラーやファンデーションを重ねてカバーするのではなく、出来ているクマに合わせてコントロールカラーを使ってカバーをするといいます。

コントロールカラーとは肌の悩みを解決してくれたり、なりたい肌にしてくれる化粧下地やコンシーラーなどです。
肌の色を消すには消したい色と正反対の位置にある色を重ねること。正反対に位置する関係の組み合わせを補色といいます。つまり色は補色同士を混ぜ合わせれば消えるという性質があるんです。
例えば、肌の赤みを消すにはグリーン系のコントロールカラーを使ったり、青いクマにはオレンジのコントロールカラー、茶色いクマにはピンク系のコントロールカラーなどが効果的。
では黒いクマはどうでしょう…。黒いクマは肌自体に色がついたのでは無く、たるみによる影が出来ている状態。ちょっとややこしいんです。などで影を明るく魅せるためにコントロールカラーを使うなら肌より少し明るめのイエローベージュがオススメです。

黒いクマを消す、コントロールカラーの使い方

黒いクマには肌より少し明るいイエローベージュ系がオススメですが、さらにツヤ感やパール感があるものならより良いです。影で黒く見えている黒いクマなのでツヤ感パール感の反射効果を利用して影を光で跳ね返します。そこで、目の下を明るめのイエローべジュのコントロールカラーで整えたらハイライトを重ねてみましょう。

目の下はとてもデリケートで乾燥しやすいのでメイク前にアイクリームなどでしっかり保湿しましょう。たっぷり保湿してべたつきが気になる場合は少し時間を置くかティッシュオフします。普段使ってる化粧下地や日焼け止めをつけてからコントロールカラーの出番です。たくさんつけて厚塗りにならないよう気をつけてくださいね。ポンポンと優しくたたき込むようにつけるとムラになりづらいです。

ここまでの工程で完了でももちろんOK。さらに黒いクマを目立たなくさせたい方はハイライトを重ねます。黒いクマが気になる部分にサッと重ね、ついでに顔の立体感が出るように目の外側のCラインにもサッと付けてみてください。ツヤ感も出て若々しいお肌を演出してくれます。この状態であまり黒いクマが消えてない…と感じても大丈夫。動くたびにハイライトが光を反射して黒いクマを消してくれます。ライトや陽射しの下だとわかりやすいですよ。

黒いクマを隠したいからと必死に重ねて厚塗りになってしまう事は避けてくださいね。厚ぼったく重ねられた肌は余計に老けて見えてしまいます。薄く、サラッと塗ることで若々しいツヤ感が生まれます。時短にもなって一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

黒いクマにオススメのコントロールカラー!

実際にお持ちのアイテムがあれば試してみて下さいね。黒いクマにオススメのコントロールカラーと言ったら、明るめのイエローベージュ。化粧下地のようにサラッと付けられるタイプやしっかりカバーできるコンシーラータイプなどありますが、ここでオススメするのもは、さらに明るさをプラスしてくれるハイライトです。ハイライトは、不自然なパール感やギラギラしたラメが入ったものはなるべく避けたいもの。自然なツヤ感、綺麗な仕上がりでオススメなアイテムをご紹介します。

①1つ目は、”THERRのシマリング グロー デュオ”こちらのアイテムは肌なじみのよいクリーミィなテクスチャーで指で伸ばすとパウダー状に変わります。さららさとしたつけ心地なのでパウダーファンデーションの上から重ねても自然に溶け込みます。ファンデーションだけではつくれない、本来あるべきツヤと血色を肌に溶け込ませることでリアルな、いきいきとした素肌感をつくれます。つるんとハリのある仕上がりに。2色入りなので、明るい方をハイライトとして目の下のやCゾーン、鼻筋へ。濃い方の色はアイシャドウやシェーディング、ノーズシャドウとしてもマルチに使えます。旅行の時などたくさんのアイテムを持ち運びたくない時にも大活躍な優秀アイテムです。

②2つ目は、”RIMMERのイルミナイザー”クリームのようにしっとりとしたテクスチャーなのにベタつかずサラッとした仕上がりに。生ツヤパール配合で透明感と繊細な輝きを与えてくれます。光が美しく反射するため、肌の凸凹を均一にカバーししっとりと濡れたような繊細なツヤ感を演出してくれます。肌にしっかり密着し、球状粉体が皮脂を吸収するため時間が経ってもヨレづらく、つけたての綺麗な仕上がりが続きます。RIMMELはプチプラコスメブランドでイルミナイザーも1200円(税抜)と気軽にチャレンジできる価格が何より嬉しいですね。

③3つ目は”MACのミネラライズスキンフィニッシュ”じっくりと窯で焼かれたドーム状のパウダー。なめらかでベルベットのようなつけ心地です。敏感でデリケートな目元の事も考えて作られたミネラルリッチ成分配合。ブラシでサッとつけるタイプで、つけた瞬間驚くほどシマーな仕上がりに。メタリックのような輝きになるのでどんな影でも跳ね返してくれそう!

以上3つのアイテムをご紹介しましたが、黒いクマでお悩みの方はぜひお手持ちのハイライトがあれば試してみてください。持っていない方は紹介したアイテムは黒いクマ隠し以外にも使えるアイテムですので買い足しても損はしないですよ。使って見てくださいね。

また、黒いクマを根本から解決していくケアも一緒に出来たらいいですね。目の周りの筋肉の鍛え方や、肌のハリ感をアップさせるためのマッサージ方法などを紹介しています。コントロールカラーなど、できれば使わずに綺麗でありたいですよね…。そんな素肌美人を目指してこちらもぜひお試し下さい。なかなか消えない黒いクマ…消し方は?