アイクリームの相乗効果で青クマ解消!

瞳の綺麗な女性はとても魅力的ですね。その瞳を際立たせるには目元を変えること。目の周りが潤って、透明感があると瞳の美しさが何倍にもなります。

目元が疲れきって出来た青クマなんて、もってのほか。出来てしまった青クマは早めに解消して、若々しくヘルシーな目元を手に入れたいですね。

スポンサーリンク

ここでは青クマを解消して美しい目元を手に入れるためのアイクリームを紹介します。20代後半からはアイクリームを習慣化したもの勝ち!ぜひ参考にしてみてください。

青クマ解消にアイクリームって必要なの?

青クマのできる場所、下まぶたの皮膚は体調や年齢の影響をもっとも受けやすく、青クマの他、くすみや小ジワなどトラブルが多い部分です。睡眠不足や疲れ、ストレスなどによって血行が悪くなり、老廃物やにごった血液が目の周りの毛細血管にたまっている状態が青クマの原因。

血行の滞りは新陳代謝や皮膚再生を遅らせてしまうので、それもクマの原因になりとても悪循環です。

目の周りの皮膚はわずか厚さ0.6ミリ程ととても薄く卵の薄皮程の厚さです。顔の他の皮膚に比べると1/3の厚さしかなく、とてもデリケート。

そんなデリケートな目元ですが、私達が普通に生活をしているだけでも、とても酷使してしまっています。外からの紫外線や大気汚染の影響を受けやすい場所だったり、女性に必要不可欠なメークだって、アイシャドウ、マスカラ、アイライナー、ビューラー、マツエクと様々なアイテムを重ねていきます。メークを落とすのにクレンジングも必要だし、極め付けは瞬き!人は1日に2万回もの瞬きをします。目元は働きっぱなしなんです!

たくさんの影響を受けている目元ですがどれも辞めるわけにはいきません。そこで目の周りのことを考えて作られたアイクリームが必要です。

薄い皮膚だからこそ乾燥も特にしやすい部分です。たっぷりの保湿と栄養を与えて顔の他の部分よりデリケートで酷使している分、少し贔屓目でケアをしてあげましょう。

青クマ解消におすすめのアイクリーム!

青クマ解消へのおすすめアイクリーム!気軽に購入できて、リピートしやすい2つのアイクリームをご紹介します。

1つ目はDHCの”薬用アイオフシェード”

今まで年齢や生活環境の影響と諦めていたクマを積極的にケアするアイテムです。

クマやくすみにアプローチしてくれるカッコンエキス、ボタンエキスなどの植物エキスやルチン、無水カフェインを配合。多彩な美容成分で本格的なクマケアやメラニン沈着の防止をしてくれます。

薬用アイオフシェードはチップで塗るタイプ。デリケートな目元にチップでジェルを薄くのばすだけでマッサージ効果が得られます。なめらかなテクスチャーのジェルで目元に浸透しやすく、ひんやりとした清涼感で血行促進し肌の働きをスムーズにしてくれる効果があります。手応えもすぐに実感しやすく、さらに、デリケートな皮膚にもやさしい弱酸性です。マッサージをするのが面倒な時や時間がない時に便利なアイクリームです。洗顔直後にさっと塗るのがポイント。

2つ目は、フローフシの”フローフシTHEアイクリーム”

高くなくても理想のアイクリームはつくれる。と謳われているこのアイクリームは3stepで青クマ解消のサポートをしてくれます。

step1.ゆるめる!緊張してこり固まった目元をゆるめます。マッサージをしながら塗り込むことで血行促進し青クマの解消へ導きます。

step2.あたえる!ゆるんだ目元に美容成分をたっぷりとあたえていきます。自然界と同じ高濃度のマイナスイオンを発生させるフローフシ独自の天然ミネラル鉱石、エンドミネラル。アミノ酸の結合体である3種類の保湿成分とビタミンCを贅沢に配合。いずれの成分もエンドミネラルとの相性抜群で効果を高めます。

step3.とじこめる!目元に必要なのは『浸透する保湿』と『持続する保湿』。3種類のオイルがお肌の角質層まで浸透し、Sランクのシアバターで持続的に潤いをキープします。

この3stepで青クマの原因、血行不良にアプローチ、青クマ以外にもくすみや乾燥など目元トラブルの解消へと促します。さらにまつ毛美容液としても使え、キャップの先でツボ押しもできるという優れもの!

洗顔後、スキンケアの1番最初に薬用アイオフシェードを、1番最後にフローフシTHEアイクリームでマッサージしながら保湿すれば朝まで潤ったままの目元でいられます☆

スポンサーリンク

アイクリームと一緒に使って青クマ解消を促す!

アイクリームは目の周りのケアに必要なもの。青クマを解消する相乗効果を狙って一緒に使いたいアイテムがあります。それは”目薬”。目薬を使って瞳そのものもケアしていきましょう!

青クマの原因を引き起こす眼精疲労。眼精疲労を癒す目薬で青クマの解消スピードアップします。ここでは効果はもちろんポーチの中に入っていて嬉しくなるような可愛い目薬を紹介します。

まずはロート”リセ”。瞳の充血をとって黒目を際立たせてくれるローズの香りの目薬です。充血除去剤(塩酸テトラレドロザリン)を最大濃度配合されていて疲れ目、充血を除去し綺麗な瞳へと導きます。

目の原因となるUVダメージ、かゆみ、疲れなどに作用するピンクの液体は栄養成分であるとともにピント調節機能を改善するビタミンB12の色。角膜トリートメント成分で瞳を保護します。

充血を取り除く実力はもちろん、小さくてポーチの中でもかさばらず、ピンク色のボトルが可愛いらしい目薬です。

つづいて”サンタ ボーティエ”。いつまでもみずみずしくクリアな瞳を求める方のための目薬です。健康的な瞳を維持して、瞳本来の輝きを引き出します。

肌でよく聞くターンオーバー。細胞の新陳代謝のことで、一定のサイクルで細胞が生まれ変わることにより、肌は健康的な状態を保っています。実は瞳の組織細胞なども肌と同じように生まれ変わっているのです。
瞳を酷使したり、年齢を重ねると瞳のターンオーバーの機能も低下すると言われています。瞳のターンオーバーが乱れると、瞳の疲労回復や修復機能が低下してしまいます。

瞳のターンオーバーを守るにはしっかりとした睡眠、瞳が疲れたら休ませる、バランスの取れた食事など、規則正しい生活習慣や継続的なケアが必要です。

サンテ ボーティエは瞳の代謝を促し疲れを癒して若々しい瞳を維持することに特化しており、サンテ ボーティエに含まれるアミノ酸の仲間、タウリンが瞳の細胞組織の栄養成分として組織を活性化させ、ターンオーバーを促進します。

瞳のターンオーバーを促進する成分の他、目の炎症、かゆみの原因を抑制する成分、充血に効く成分、結膜を保護、保湿するトリートメント成分、ピント調節機能の働きを活発にして、疲れ目を癒す成分の5つの有効成分が最大濃度配合されており、目の不快感や疲れ、充血を取り除いて健康的で輝く瞳が手に入ります。

ボトルも香水瓶のようなデザインで持ってるだけで女子力UP!メイクが崩れにくいよう配慮された細めのノズルも嬉しいです☆

朝のメイク前に使えば、メイクの仕上がりがUP、日中酷使した目に使えばリフレッシュでき、瞳のターンオーバーが活発になるおやすみ前に使って目をいたわってあげたいですね。

ぜひ、アイクリームと一緒にスキンケア前やメイク直しの時の習慣に活用してみてください。