目元専用の美顔器で目の下のたるみを解消!!

年齢を重ねるごとに出来てしまう目の下のたるみは、誰しもが無くなればいいのに…と解消を願っているかと思います。

目の下がたるんでしまうと、目の下がボコっと腫れているような、膨らんでいるような状況になっている方が多いかと思います。目の下がくすんだ印象、クマがひどいように見える方も…。

このような状態ですと、どうしても顔の印象が老けて見えたり、疲れて見えたり…。暗い印象になりがちです。

スポンサーリンク

このような状況を解消する為にも、毎日コツコツとケアをして明るくフレッシュな印象の目元を取り戻したいですね。ここでは目の下のたるみを解消する方法、原因、取り入れたい美顔器などを紹介していきます。

目の下のたるみを解消したい!たるみの正体は?原因は?

さっそく、目の下のたるみの正体から知っていきましょう。目の下たるみの正体…それは”脂肪”なんです。目の下には眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪があります。この眼窩脂肪は眼球を支えているマットのような役割です。眼球を乗せている眼窩脂肪を、目の周りの筋肉の眼輪筋、眼窩脂肪を包んでいる薄い膜の眼窩隔膜(がんかかくまく)、皮膚が支えています。これらが眼窩脂肪を支えられなくなってしまうと、眼窩脂肪は前に飛び出てしまいます。すると目の下にはたるみとして現れるんですね。

眼窩隔膜が飛び出て出来た、たるみにより皮膚には高低差が生じます。高低差により影が出来てしまうので、この影が黒クマと言われたり、くすみに見えたりもしてしまいます。

こうして出来た目の下のたるみの原因はいろいろありますが、一番の原因となっているのが、加齢です。歳を取れば取るほど老化現象として目の下のたるみが目立ってしまうのは仕方のないこと…。

ですが、原因を知り、対策をしていれば目の下のたるみの悪化スピードを遅らせることも防ぐことも可能です。また、近年では年齢以外の原因、若い方でも目の下のたるみが出やすくなっています。その原因とは…?

《たるみの元、皮膚のハリが無くなる原因》

眼窩脂肪を支えるひとつ、皮膚。若い時はハリがあって、ピンとしていた皮膚も年齢と共にハリが失われてきます。肌のハリはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの体内美容成分よって保たれています。この美容成分は年齢を重ねるごとに減少していきます。また、紫外線も大敵!紫外線はコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分を破壊してしまう事もあるんです。

《たるみの元、眼輪筋が衰える原因》

眼窩脂肪を支えるひとつ、眼輪筋、眼輪筋は目の周りの筋肉です、年齢を重ねるごとに衰える他、現代人は眼輪筋をあまり使わない生活習慣になってきているので、老化スピードに拍車をかけているんです。

その生活習慣とは、スマートフォンの使用です。とても便利でたくさんの情報を手に入れられるスマートフォン。電車の中で暇つぶしに使ったり、SNSをなどなんとなく開いてつい夢中で閲覧してしまったり…。空いた時間をほとんどスマートフォンの画面を見て過ごしている方も多いようです。この、スマートフォンの小さな画面をじっと見つめる行為は、まばたきの回数がかなり減少してしまいます。一点を集中して見ているので目の動きもほとんどない状態…。すなわち眼輪筋もほとんど使っていないということです。眼精疲労にもなりやすい行為ですので、目の周りの血行不良にもなりやすく、とても悪循環ですね。

目の下のたるみを解消へ!美顔器を使ってケア!

目の下のたるみの原因がわかったら、解消に向けてケアをしていきましょう。美顔器を使ったケアのご紹介です。ここで紹介する美顔器は、バッテリーが無くても使えるもの、専用ジェルなども要らないシンプルな美顔器を選びました。

まずひとつ目が、目元専用美顔器、【テラローラー ai】です。こちらは世界で初めてテラタイトルを使用した美顔ローラーです。美容や健康面で注目を集めているというテラタイト。テラタイトは遠赤外線を含む1秒間に1兆回ものテラヘルツ波を放射していて、身体の深部まで細胞レベルでの活性、正常化に働きかけてくれる新素材です。

手のひらにスッポリと収まるくらい小さく、48面にカットされた3つのテラタイトルボールがデリケートな目の下にも繊細な刺激を与えることができます。さらに、お肌のカーブにフィットするように2種類のボールを使用。グリップ部分ではツボ押しもできます。

温水、冷水につける事も出来るので、3秒間温水につける事で、血行促進やリラックス効果のホットケアが、3秒間冷水につける事で引き締めや肌を整えるなどのクールケアも可能です。

目の下のケアですと、力は入れずに当てるだけで大丈夫です。上下に優しく動かしてテラタイトの美波動で肌のハリ感アップをねらいます。また、ホットケアで目の下の血行を促し、たるみの解消の手助けにも。

目元以外にももちろん使えますので、ほうれい線へのアプローチやフェイスライン、首や肩のラインまでスッキリ感が味わえます。小さいのでポーチに入れても邪魔になりません。お仕事の合間にも、ささっと使えますね。

次にご紹介する美顔器が、【リファ エスカラット】です。リファはとても有名なので見かけたことがある方は多いかと思います。

リファとは、最先端のテクノロジー、マイクロカレントを毎日のケアに使えるよう開発されたもの。

マイクロカレントとは、肌を活性化して美肌へ導いてくれる効果があり、たるみやシワなどの改善にも効果的。人の肌には、もともと微弱な電流がながれています。マイクロカレントはこの電流に極めて近い性質をしており、エステの施術やアスリートの身体のケアに使われることもあるようです。リファにはソーラーパネルが搭載されており、光を取り込む事でマイクロカレントを半永久的に発生できるよう設計されています。

そんなリファシリーズのフェイス用の美顔ローラーです。プロのエスティシャンの手技、指先で優しくつまみ流す、ポイントニーディングという動きを再現したもの。肌を美しく引き締めます。

目の下を優しくローリング、目の下からこめかみまでを半円を描くように優しくローリングしていきます。

どちらの美顔器もテラヘルツ波、マイクロカレントと直接目に見えるものではありませんが、当てるだけで肌の活性化を促してくれるアイテムです。プラスマッサージ効果も得られるので、即効性も期待できます。

スポンサーリンク

目の下のたるみを解消、美顔器以外での対策も。

毎日のケアに美顔器をプラスして、目の下のたるみの解消へ一歩近づいたなら、これ以上悪化しないように対策もしていきましょう。

対策①紫外線対策&保湿をしっかり!肌のハリの大敵、紫外線対策をしっかりしましょう。外出する際は、日焼け止め、UVカット効果のあるベースメイクをする。日焼けしてしまった場合はいつも以上に保湿をしっかりしましょう。紫外線と同様、乾燥もお肌の大敵です!

対策②表情豊かに過ごす!目の周りの筋肉を鍛えるには、とにかく表情を豊かにしましょう。仕事でパソコンを長時間使う場合は、定期的に顔を上げて、遠くを眺めたり、キョロキョロ辺りを見回して目をたくさんの動かしてください。スマートフォンを使いすぎた場合も同様です。目を思いっきり開く、閉じるを繰り返したり、上下に左右に動かすなどで眼輪筋は鍛えられます。

対策③コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、プラセンタ…などの美容成分を積極的に摂取する!食材やサプリメントでの補給ができます。

以上、目の下のたるみの解消方法を紹介しました。今回紹介した美顔器はどちらも半永久的に使える優れもの。個人的にはどちらも肩こりやむくみには即効性を実感出来ました。たるみだと徐々に改善していく形になりますが、効果は実感できるはず!目元以外の用途にも対応してるので試してみる価値ありです。ぜひお試しください。

目の下のたるみをすぐに隠したい場合はメイクでカモフラージュしましょう。目のたるみをメイクでカバーしよう!

合わせてご覧ください☆