目の下の黒ずみの原因は?解消する方法!

大人の女性の肌の悩み、常連で上位にランクインするのが目の下黒ずみやクマです。この、目の下の黒ずみがあるがために、いくらヘアメイクや服装で若々しさを装ってもなんだか疲れて見えたり、老けて見えたり…。パッとしない印象になってしまいます。…散々ですねよね。でも、逆に目の下の黒ずみが無くなれば、パッと明るくフレッシュで健康的な印象が手に入るということ!ここでは目の下の黒ずみの原因と解決法について説明していきます。

スポンサーリンク

目の下の黒ずみの原因は3パターンあった!

目の下の黒ずみの原因は普段の生活に潜んでいることがほとんどです。その3パターンについて説明していきます。どのパターンに当てはまるかチェックしてみてください。

○1つ目のパターンは色素沈着系!

茶クマとも言われるこのパターン。色素沈着系の目の下の黒ずみはひらたく言えばシミのようなもの。色素沈着が起こる原因として、アイメイクがきちんと落とせていなかったり、相性の悪い化粧品を使っていたり、強い日焼けをしたり、外傷などで皮膚が傷ついたり、ホルモンバランスの乱れなどかあります。目の下の色素沈着で最も多いのは摩擦や刺激にさらされて目の下の角質が徐々に厚くなって、くすみ、シミに発展してしまうことです。

✔︎痒みが生じるなど、あわない化粧品を使っていませんか?✔︎花粉、アトピーなどの痒みで目を強く擦っていませんか?✔︎日焼け止めはしっかり塗っていますか?✔︎保湿はしっかりしていますか?✔︎メイクはきちんと落としていますか?✔︎強い刺激を与えず優しくケアしていますか?

○2つ目のパターンは血行不良系!

青クマとも呼ばれるこのパターン。血行不良系の目の下の黒ずみは血液の巡りが悪く血液が滞ってしまっている状態です。目の周りにはたくさんの毛細血管がありますが、本来真っ赤なはずの血液が薄黒に濁ってしまい、それが透けて見えるのが血行不良による目の下の黒ずみ。そうなってしまう原因は、眼精疲労、睡眠不足、冷え、不摂生、眼輪筋の衰えなどです。

✔︎スマートフォン、パソコンを使いすぎていませんか?✔︎目を休ませていますか?✔︎冷え性ですか?✔︎睡眠時間はきちんと取れていますか?✔︎適度な運動はできていますか?✔︎無表情で過ごしていませんか?✔︎バランスの取れた食事は出来ていますか?

○3つ目のパターンはたるみ系!

黒クマとも呼ばれるこのパターン。たるみ系の目の下の黒ずみは老化によってできる事が多いです。ただ、最近はスマートフォンの普及により若者にもたるみが出来やすくなっています。スマートフォンの画面を一点見つめる時間が長くなると、瞬きの回数が減ります。そのため目の周りの筋肉を使う事が少なくなり、筋肉が減る事により目の下の脂肪が溜まり、それがたるんだり、影になって黒ずみに見えたりします。また、加齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、皮膚のハリがなくなりたるむことも。

✔︎アイクリームなど専用ケアはしていますか?✔︎スマートフォンに依存していませんか?✔︎無表情で過ごしていませんか?✔︎お肌のハリはありますか?✔︎30歳以上ですか?

目の下の黒ずみの原因がわかったら普段の生活から予防しよう!

これ以上目の下の黒ずみが できないように普段の生活から予防をしましょう。3つのパターンごとに予防法をご紹介します。

○色素沈着系の予防法

色素沈着予防には、とにかく目元をいたわってケアをしてあげること。

色素沈着予防①自分に合ったスキンケア用品、化粧品を使うこと。スキンケア、化粧品を使ってピリピリとした刺激や痒みを感じるのであれば使用を見直しましょう。敏感肌用のものを使うなど自分にあったものを見つけること。少しでも違和感を感じていると、無意識に目元を触っている可能性があります。

色素沈着予防②アイメイク専用リムーバーを使用する。アイメイクを落とす時も専用のリムーバーを使用しましょう。アイメイク用のリムーバーは頑固なアイメイクも落とせるようにクレンジング力が高く、メイク残りによる色素沈着が予防できます。コットンなどで優しく落としてください。擦るのは禁物です!

色素沈着予防③紫外線対策をしっかりする。顔は最も紫外線を浴びやすい所です。特に夏場は、均一に塗れるリキッドタイプの日焼け止めや、UVカット効果のある下地+光を跳ね返してくれるUVカット効果の入ったパウダーリータイプのファンデーションやフェイスパウダーを重ねて念入りに。

色素沈着予防④とにかく保湿。自分にあったもので保湿がしっかり出来ていれば、色素沈着になるの原因となる元の痒みや、乾燥や紫外線によるダメージの対策もできます。忙しい時でも目元の保湿はしっかりしてあげましょう。

○血行不良系の予防

血行不良の予防はとにかく健康的な生活を心がけること。

血行不良予防①睡眠の質を高める。寝ている間は血行が促進されます。寝具や環境を整えて、質の良い睡眠が出来るよう心がけましょう。睡眠時間の理想は6〜8時間。自分の美容と健康のために、睡眠時間を確保できるといいですね。

血行不良予防②目元を温める。お風呂に浸かったり、スチーマーをあてたり、ホットタオルを使うなどして目元を温めましょう。

血行不良予防③目を疲れさせない。スマートフォン、パソコンを長時間使用する時は休憩を入れながら、目を疲れさせない。目がしょぼしょぼしたり、霞んできそうになったら、すぐに温めたり、目を動かして疲れを感じさせないよう対策をとりましょう。

○たるみ系の予防

たるみ予防は顔の筋肉をたくさん使って表情を動かすことが大切です。

たるみ予防①普段の表情を意識。普段から無表情にならないように、口角をあげたり、目をいきいきと輝かせたり、表情豊かに過ごしましょう。表情が豊かな人は好感を持たれます☆

たるみ予防②スマートフォンの使用法に要注意。下を向いて、一点を見つめるスマートフォンは顔の肉が垂れ下る原因で、しかもたるみ系だけでなく、顔の筋肉も凝り固まるので血行不良系の目の下の黒ずみにも大敵なんです。どうしてもスマートフォンを長時間使う場合は、ちょこちょこ顔をあげて、遠くを見ましょう。キョロキョロ瞳を動かしてあげてください。

たるみ予防③姿勢をただしく。猫背も顔のたるみを招きます。正しい姿勢を意識!デスクワークの方は特に注意です。

目の下の黒ずみの原因は普段の生活の中に潜んでいるものばかり、予防も規則正しく生活することで出来るものばかりです。

スポンサーリンク

目の下の黒ずみを解消しよう!

普段の生活から目の下の黒ずみの予防を心がけれたら、できてしまっている目の下の黒ずみを解消しましょう。自分の当てはまるパターンの解消法を試してみてくださいね☆

○色素沈着系の目の下の黒ずみを解消

色素沈着を解消するには、肌のターンオーバーを促してくれる成分、肌を健やかに整える成分、美白成分を摂取すること。その成分とは、[ビタミンC]と[ハイドロキノン]です。この成分を肌に浸透させることが大切。ビタミンCの配合された美容液はドラッグストアなどで手に入れやすいですが、ハイドロキノンは刺激が強いため市販のものはあまりありません。皮膚科で相談してみたり、ネットで探すのがオススメです。気軽にビタミンCのサプリや美容液から始めてみるのもいいですね。

○血行不良系の目の下の黒ずみを解消

血行不良系の黒ずみ解消にはマッサージやツボ押しがマスト!デリケートな目元ですので、優しく、こすり過ぎはNGです。たっぷりとクリームやオイルを塗って、じんわりと、目の周りを手の温もりで温めながら血行を促すイメージでマッサージしてください。詳しいマッサージ方法はこちらからご覧ください☆

○たるみ系の目の下の黒ずみを解消

たるみ系の目の下の黒ずみには目の周りの筋肉、眼輪筋を鍛えましょう。眼輪筋は目の周りをドーナッツ状に囲う筋肉です。この筋肉を鍛えれば目の周りのトラブルはかなり解消! 方法は簡単!目を思いっきり開く⇄閉じるを繰り返す。おもいっきり上⇄下、左⇄右に目を動かす。これだけでも目の筋肉を使った感がでます。詳しい眼輪筋トレーニングをこちらからもご紹介していますので一緒にご覧ください。

自分の目の下の黒ずみのタイプがどれだか、イマイチかわからないという方は、マッサージと眼輪筋トレーニングから始めてみてください☆マッサージで血行促進すれば、肌の代謝が上がって色素沈着の改善へつながったり、眼輪筋トレーニングで鍛えられれば、血行促進→肌の代謝アップと…目の下の黒ずみ解消へ繋がります!

ぜひ、お試しください