目の下のしわを目立たなくするファンデーション!メイク方は?

目元メイクの問題点で、トラブルが多いからメイクで隠したいけれど…メイクがよれやすくて困る!ということはありませんか?
目の周りはとてもデリケート。きちんとケアをしないとクマやたるみやシワ…と年齢を重ねるごとに次々と問題が発生してきます。特に乾燥する冬は目の下のしわにファンデーションが溜まってしまい、目元メイクがよれてしまうトラブルが多発!目元メイクが決まらないとせっかくのメイクが台無しになってしまいますね…。

スポンサーリンク

目の下のしわを綺麗にカバーできるメイクはどうすればいいのか…?どんなファンデーションならよれずに一日過ごせるのか…?ここでは、そんな目の下のしわを目立たせないメイク方法、オススメのファンデーションなどをご紹介していきます。なるべくナチュラルに、自然な艶のあるお肌や目元をつくって若々しい印象にしていきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください☆

Step1.目の下のしわをメイクで綺麗にカバーするためのベースづくり

目の下のしわが出来る原因のひとつが肌の乾燥です。乾燥している肌はファンデーションをはじめとしたメイクが乗りづらいですし、朝メイクが綺麗に仕上がっていても乾燥してくると目の下のシワが目立ってしまったり…。
まずは乾燥対策をしっかりしていきます。普段のスキンケアをした後に保湿クリームを重ねていきましょう。保湿クリーム兼化粧下地として使えるアイテムもたくさん出ていますので使っていきます。

保湿クリームとしても、下地としてもかなり優秀なアイテムが、敏感肌でも使える【①アンブリオリス・モイスチャークリーム】です。
こちらはフランス生まれのスキンケアブランド、アンブリオリスの口コミサイトでも上位の常連になっているロングセラーの保湿クリームです。スキンケアブランドの商品なだけあってトリートメント効果や保湿効果に優れています。ミツロウ、シアバター、植物由来の保湿成分ダイズタンパク、アロエベラなどの成分が乾燥からお肌を守り、保湿し、お肌をしなやかに保ってくれます。さらにパラペンフリー、アルコールフリーで敏感肌の方でも使えます。保湿クリーム、化粧下地の他にもマッサージクリームやクレンジングクリームとしても使える優秀クリームです。

また、紫外線も目の下のしわをつくる原因になります。紫外線に長く当たっていると、お肌にハリや潤いを与えてくれるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの体内美容成分が破壊されてしまうんです。目の下のしわだけではなくシミやたるみの原因にもなってしまいますので、紫外線対策もしっかりしましょう。
日焼け止め効果のある日中用の美容液や乳液なら保湿効果も高いのでデリケートな目元にはおすすめです。

日中用美容液としておススメなのが、【②ベアミネラル・イルミネーティング ホワイト ディフェンス】です。
ベアミネラルはサンフランシスコ生まれのヘルシーでナチュラルなビューティーを届けてくれるブランドです。「何を入れるか?」ではなく「何を入れないか?」にこだわりミニマムでマキシマムな効果をもたらすことでその人本来の美しさを引き出します。(今回はベアミネラルのアイテムをいくつか紹介していきます☆)
イルミネーティング ホワイト ディフェンスは、UVカットミネラル成分で紫外線やホコリ、乾燥などの外部刺激からお肌を守ります。独自のミネラル成分でキメを整えながら、安定型ビタミンCがシミ、ソバカスの根本へアプローチし日中も美容成分で輝白ケアします。お肌が呼吸するような軽いつけ心地でSPF40+++と季節問わずUVケアをしてくれる頼もしいアイテムです。

step2.目の下のしわを目立たなくするファンデーション

保湿をしっかりしたあとはファンデーションの出番です。ファンデーションを選ぶポイントも乾燥しやすい時期は保湿力を重視!そしてなるべく軽いつけ心地のファンデーションを選んでみてください。

たっぷり保湿してしっとりした肌にファンデーションを乗せていきます。厚塗りはNG!目の下のしわを隠そうとたくさん重ねて厚塗りになってしまうとファンデーションよれの原因になってしまいます。お顔全体に薄っすらと、お顔全体がなんとなくパッと明るく、艶がでればファンデーションの役目は完了です。

つけることでお肌の水分量がアップする【①ベアミネラル・CR ティンテッド ジェル クリーム】はシワが気になるお肌にはマストアイテム。
植物由来のスキンケア成分がお肌に潤いを与え乾燥などの外部刺激から守ります。とても軽いつけ心地で指で雑につけても肌に馴染んでくれるのでテクニックいらずでナチュラルな艶肌が手に入ります。SPF30・PA+++とノンケミカルでUVケアもバッチリ。カラーバリエーションも豊富なのでぴったりな色が見つけられるのも嬉しいですね。ファンデーションとして、下地としても使える高機能アイテムです。

普段しっかりメイクをしている方は物足りなく感じるかもしれませんが、ナチュラルな艶肌に仕上げたいのでファンデーションは少量で。そして気になる部分があれば部分用のファンデーションを足していきます。目の下のしわをはじめ、小鼻の極やニキビ跡、シミ、クマなど部分的になじませていきましょう。

コンシーラーでも潤いを与えてくれる嬉しいアイテムが【②ベアミネラル・ベア セラム コンシーラー】です。
コンシーラーと美容液がひとつになった機能的なアイテム。シワにはマストです!カバーしたい部分の乾燥に着目し、美容成分で肌に心地よくうるおいを与え、乾燥によるヨレを防いでくれます。1日中メイク仕立ての肌をキープする持続力もあります。みずみずしいテクスチャーで心地よく肌にフィットします。

スポンサーリンク

step3.目の下のクマを目立たなくするメイクの仕上げは?

ファンデーションや部分用のファンデーションでお肌の色が均一に出来上がったら最後の仕上げをしていきます。仕上げに使うのはハイライトです。

ハイライトを使って目の下のしわを光で飛ばしていきます。ここまで肌の保湿にこだわってアイテムを紹介してきたので、ハイライトもクリーミーなテクスチャーの物をつけていきます。

オススメは【THREE・シマリング グロー デュオ】です。
シマリング グロー デュオもハイライトと言ったら…といえば名前が出てくる有名な優秀アイテム。こちらのアイテムは肌なじみのよいクリーミィなテクスチャーで指で伸ばすとパウダー状に変わります。さららさとしたつけ心地なのでファンデーションの上から重ねても自然に溶け込みます。繊細なパールがリアルでいきいきとした素肌感をつくり、つるんとハリのある仕上がりに。2色入りなので、明るい方をハイライトとして気になる目の下のシワやCゾーン、鼻筋へ。濃い方の色はアイシャドウやシェーディング、ノーズシャドウとしてもマルチに使えます。

ご紹介したファンデーションだけでも綺麗な艶肌はつくれますが、さらにハイライトをプラスする事で頑固な目の下のしわも目立たなく、明るい目元へ導いてくれます。どのアイテムもつけすぎてしまうとシワの溝に溜まってしまいますが、そんな時はさっと指で馴染ませればすぐに解決です。潤いのある軽いつけ心地のアイテムなら汚くヨレる事もないので安心ですよ。

基本的にフェイスパウダーなどパウダー状のものは使用しませんが、どうしても使いたい場合は目の下は避けて付けてください。パウダーも肌に溶け込むミネラルパウダーなど軽い物を選んでくださいね。

メイクだけでは物足りない!今すぐ目の下のシワを治したい!という方はこちら記事も合わせてご覧ください。→目の下のシワにヒアルロン酸注入!?料金は?