なかなか消えない黒いクマ…消し方は??

目の下に出来るクマ。クマがあるだけで顔の印象が老けて見えたり、不健康に見えたり…マイナスな印象に一気に変わってしまいますね。軽いクマならメイクでチャチャッと隠せるけれど、なかなかそうはいかないのが黒いクマ。なかなか消えなくて、隠すことも難しいので黒いクマが悩みの種になってしまっている人も多いんじゃないでしょうか。ここでは、そんな黒いクマの原因と消し方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

なかなか消えてくれない黒いクマの原因は?

まずは消えない黒いクマの原因から知っていきましょう。クマにも様々なタイプがありますが、黒いクマの原因はおもに”たるみ”と言われています。たるみとは…年齢を重ねてきてお肌が重力に逆らえなくなって…と思ってる方がほとんどだと思いますが、デリケートな目の下のたるみは20代の若者でも出てきてしまいます!たるみが出来ると他の皮膚との高低差ができ、影になってしまうので黒いクマとなるんです。

目の下のたるみが出てしまうそもそもの原因とは、まずは加齢によるもの。年齢を重ねるごとに、お肌のハリが無くなってきたり、目の周りの筋肉が衰えてくることによりたるみが生じます。

そして、若者でもたるみが出てしまっているのは、スマートフォンやパソコン、モバイルゲーム機の普及によるものが多いとされています!電車に乗っているとほとんどの人がスマートフォンの画面に夢中になっていますね。こういった行為は、画面の一点ばかりを見ているので瞬きの回数が激変します。目の動きもほとんどありませんので、年齢を重ねていなくても目の周りの筋肉が衰えてしまいます。また、ブルーライトの影響で目に疲労が溜まりやすくなっています。スマートフォンはとても便利で、時間を潰せたり、リフレッシュできたり…ついつい依存してしまいがちですが、歩きスマホなどの問題もつきもの。ほどほどにしましょう。

あとは、顔の骨格による肉のつき方など、遺伝的な原因もあります。黒いクマは目が大きかったり、はっきりとした顔立ちの方が目立ちやすいです。

黒いクマが消えないのはナゼ??

黒いクマの原因がたるみだというのは知って頂けましたね。ではナゼ黒いクマは消せないのでしょうか。…実は消えないということはありません。たるんで他の皮膚との高低差が生まれることにより、確かにメイクで消すことは難しいですし、セルフケアで消すのも根気が必要かもしれませんが、メイクで目立たなくすることもできますし、セルフケアで改善することも出来ますのでご安心ください。

黒いクマの消し方!メイク編☆

まずはメイクでの消しかたからご紹介していきます。目の下のクマを消すには普通はコンシーラーなどを使いますね。クマは、消したい色と正反対の色の補色同士を混ぜ合わせれば消えるという性質があります。(青いクマにはオレンジ系、茶色いクマにはグリーン系…など)ただ、黒という色に補色はありません。黒いクマは肌自体に色がついているのではなく、黒っぽく見える影が出来ている状態。ですので、コンシーラーやファンデーションをいくら重ねてもただ厚塗りになってしまうだけ。コンシーラーやファンデーションは薄くで充分!そこで登場するのがハイライトです!

ハイライトは、顔を明るく立体的に魅せてくれる効果があります。たるみによって出来てしまう影をレフ板のように光で反射して飛ばしてくれます。使い方もテクニック要らずで簡単なので試す価値ありですよ。

①普段使っているメイク下地やファンデーションを付けていきます。厚塗りにならないようにしましょう。

②普段のファンデーションよりワントーン明るめなコンシーラーやファンデーションを薄く重ねます。(艶感のある、イエロー、イエローベージュ系がよい。)

③ハイライトの登場です。黒いクマになっている部分にポンポンと重ねていきます。これで完成。

テクニック要らず!ポイントとしては、目の下は乾燥したり、小じわでヨレやすかったりするので重ねすぎないことです。

スポンサーリンク

黒いクマの消し方!セルフケア編!

なかなか消えてくれない黒いクマを根本から消すために、普段から出来るセルフケア。お肌のハリを取り戻すこと、衰えてしまった目の下の筋肉を鍛えることをしていきます。

《肌のハリを取り戻すために出来ること》

○保湿をしっかりする。保湿は肌のハリを取り戻すために欠かせません。しっかり保湿して健やかな肌がつくれれば、肌内部の水分が漏れ出さず、肌のバリア機能が保たれて乾燥や紫外線などの外部刺激の影響を受けずらくなります。

○紫外線対策をしっかりする。紫外線はお肌にダメージを与え、お肌のハリを奪っていきます。外出する際は日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地などをしっかり塗って対策しましょう。日焼け止めはきちんと落して、保湿もしっかりすることも大切です。

○肌に良い栄養を摂取する。お肌のハリにいい栄養は、ビタミンCやE。アミノ酸。大豆イソフラボン。ヒアルロン酸。コラーゲン。エラスチン。プラセンタなどがあります。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは歳をとると共に悲しいけれど減少していってしまうもの。積極的に摂取していきたいですね。食べ物だと、豚足、スジ肉、軟骨、フカヒレ、うなぎ、お魚など。サプリメントの活用も良いですね!

○睡眠をしっかりする。睡眠中に分泌される成長ホルモンは肌を活性化させるので、肌のハリを取り戻す手助けをしてくれます。睡眠時間も大切ですが、それより大事なのは睡眠の質。寝る前のスマホやパソコンは控える。適度な運動をする。心配事やストレスを抱え込まない。寝具にこだわって寝る環境を整える。など、睡眠の質にこだわれば、お肌だけじゃなく日常生活のパフォーマンスも向上します。

○優しくマッサージする。マッサージをして老廃物を流して、血流を良くする事もお肌のハリにつながります。

血液をスムーズに流すために眼精疲労に効くツボを刺激していきます。押し方は、人差し指で徐々に力を加える→3秒キープ→緩める。この繰り返しです。ツボの位置は①(晴明)目頭のやや上の窪み②(太陽)目尻と眉尻の中間からやや後ろにある窪み③(承泣)黒目の真下の骨の縁にある小さな窪み④(糸竹空)眉尻の窪み…この4箇所です。パソコン作業などで目が疲れた時に押すのもおすすめです。

血流を促すマッサージはとても簡単。目の周りはとてもデリケートですので、クリームやオイルで滑りを良くして優しく、ゆっくりとマッサージしてください。目頭に指を置く→目の下を通って目尻へ→瞼を通って目頭へ戻る。両手同時にクルクルと丁寧に…

 

お肌のハリ感をアップさせるにはリンパマッサージで日々コツコツとケアしていきましょう。リンパマッサージはハリ感アップのほか、リフトアップ効果や血行促進効果、シワ改善効果など、嬉しい効果がついてきます。

まずは、準備。たっぷりとオイルやクリームを塗ります。お水を飲んで、鎖骨下をさすっておけば効果アップ効果です。①指を顎の先からこめかみに向かって滑らせます。こめかみまで行ったらそのまま耳下まで滑らせグリグリと円を描くようにマッサージ。そのまま首筋を通って鎖骨下→脇まで流し撫ります。2、3回繰り返えす。この工程で、②唇の横から③小鼻の横から④目頭から…とすべて脇まで流せば完了です。④の目の下は優しく滑らせましょう。

時間がない時はピアノタッチマッサージを。ピアノを弾くように優しく指をバラバラに動かしてお肌をトントンと刺激します。軽いタッチでOK。化粧水や美容液の浸透がアップしたり、むくみが取れます。リンパマッサージをする時間がない時にはこちらのマッサージでケアしてあげてくださいね。

《たるみを作らない為に目の周りの筋肉を鍛える》

普段あまり使わない目の周りの筋肉を鍛えます。隙間時間に簡単にできるので、目が疲れた時にやってみましょう。①目を思いっきり開く→ギュッと閉じる。②顔は動かさずに思いっきり上を見る→下を見る。③右を見る→左を見る。④斜め上を見る→斜め下を見る。これだけですが、普段使ってない筋肉が刺激されて目のコリが取れるような感覚になります。数回ずつ繰り返してみてください。

以上、メイクで黒いクマを隠す方法と根本的にケアをして消す方法をご説明しました。なかなか消えない黒いクマ…日々のケアを続ければ改善してきますのでぜひお試しください。

即効性を求める方、どうしようもなく悩んでいる方は、プチ整形という方法もあります。一緒にご覧ください。

目の下の膨らみをレーザーで取る!

目の下の膨らみにヒアルロン酸⁉︎料金は⁉︎